• みんなに同じ内容のメールを送る場合のコツ
  • キャバクラ勤めが初めてな女の子向けのテクニック
  • 実際にお客さんの電話番号やメールアドレスを聞けたら
  • 店内にお客さんが全然いない時にするメール
  • 店内にお客さんが全然いない時にするメール

    店内にお客さんが全然いない時にするメール
    毎日店内がお客さんで賑わっているなんてことはありませんよね?たまにはお客さんの入りが悪くて、女の子みんな退屈をしている時間だってあります。そんな時にお店側が女の子に対してお客さんを呼ぶように促すときもありますよね?促されなくても、お客さんを呼ばなきゃ!と思って一生懸命になって連絡しちゃう時もあるかもしれ ません。
    たまに勘違いしている女の子がいますが、「メールは営業中に時間が空いた時にお客さんに送」ものだと思っている女の子がいるのです。違います(笑)「メールはお店に行く前に送るもの」が正解です。お客さんも、女の子が働いている時間にばかりメールをくれる女の子には、「お店にお客さんいないのかなー」「カモと思われているのだろうなー」と思うのが普通です。お客さんにお店に来てもらうためには、お客さんとグッと近くなる必要があるのですね。だから、お店にいるときにお客さんに連絡することは出来ればしないほうが良いです。元々お客さんとの連絡を取っていて、お店にいる時間も続けて連絡を取っているとか、お客さんから連絡がきたとかは別ですよ!
    ただ、実際 にお店に来てくれているお客さんと現状どれほど信頼関係があるかによっては、お店にいるときに連絡をしても大丈夫な場合があります。しかもお客さんもお店に来てくれる可能性が高いでしょう。
    お店がお客さんに連絡をしろとうるさいとか、まだ全然お客さん呼べてないと怒られるとか、「お客さんが女の子のために動きたい!」と思える関係を築いていれば問題ないです。どうにか時間を作ってきてくれるお客さんもいるのです。でも、こんなお客さんばかりだとは絶対に思わないでください。絶対的にこう思ってくれるお客さんは少ないですし、こうなるまでには結構な時間と労力も使います。
    お店にお客さんが全然いなくて、お客さんにメールを送る場合は、「お店に来てもらう」というこ とを匂わせない自然な会話程度の内容がぴったりですね。
    「お店に来てもらいたい!」と思ったら、お店に行く前に連絡はしておくのがオススメです。