• みんなに同じ内容のメールを送る場合のコツ
  • キャバクラ勤めが初めてな女の子向けのテクニック
  • 実際にお客さんの電話番号やメールアドレスを聞けたら
  • 店内にお客さんが全然いない時にするメール
  • みんなに同じ内容のメールを送る場合のコツ

    みんなに同じ内容のメールを送る場合のコツ
    自分のお客さん全員に同じ内容を送る場合ってありますよね?もちろん特定の相手に送るわけではないので、誰が見ても疑問を抱かない内容だったり、お客さんの中で同じ内容で大丈夫な人ごとのグループを作っておいたり。丁寧な態度を好むお客さんがいたり、フランクな対応を好むお客さんがいたりしますからね!それをしっかり分けるのです 。
    ただ、この時に1つ必ず気を付けてほしいことがあります。お客さんに「自分だけじゃなくみんなに送っていると気付かれてはいけないこと」です。これ重要です。
    メールに添える文章は、「この前はすごくお酒の豆知識おもしろかったよ!」という来客してくれた場合の会話や、「今日は出張気を付けて行ってきてね!」という話した内容の文章、「風邪はぶり返していませんか?心配です。」という現状の確認。このような内容の文章を、真逆の状態の人に一緒に送ってしまわないように注意を払わなければいけません。周長なんて仕事内容にはないお客さんに出張の話をすれば、「僕じゃない。誰のことだよ?!」と思われるのは当たり前ですよね?こういうことです。なので、お客さんがど のような人かということは、会うたびにこまめにメモをつけていくと自分を守るためにもなりますね。
    絶対にしてはいけないことの1つは、お客さんの名前を打たないで引っ張ってくること。コピーしてペーストするようなことはやめましょう。これけっこうやってしまうんですが、万が一全然違う人にペーストしてしまうなんてことあるのです(笑)
    もう1つはメールを送る際に気を遣って欲しいことがあります。これは恋愛にもあることですが、お客さんが返事を書く気持ちになる内容でメールを送ることです。この部分に関しては、それぞれのお客さんで回答は異なってくることがほとんどなので、1人1人にメールを返してあげることが基本ですが、もし同じ感じの返事を送ってきてくれる人 が数人いた場合は、ここは先程同様コピーとペーストで大丈夫です。
    どの引用方法にも当てはまりますが、1文何かを加えてあげるとお客さんも喜んでくれますよ。